躁鬱病は薬による治療が出来ます。

間違えないために

漢方薬による治療方法もあります。

うつ病は、多くの人に認知され始めている病気です。うつには、様々な症状があり、それは人それぞれです。精神的な心の病気ですが、脳の病気でもあるため体に痛みとして症状が現れることもあります。どんなうつ状態であっても、早めに検査や治療を行なう必要があります。最近では、躁鬱病という病気もあります。これは双極性障害という病気ですが、うつ病と同じ症状が出る部分もあるため、見分けがつきにくい病気でもあります。

躁鬱病に効く漢方治療の特徴について。

双極性障害、いわゆる躁鬱病の特徴は、躁とうつを繰り返すことです。ですがその躁の状態を、症状と感じる人が少ないのが特徴でもあります。躁の症状が軽い軽躁の場合だと、周りの人も病気とは考えにくいのです。躁の状態に気づかないと、うつ病と診断されることがほとんどです。ただうつ病と躁鬱病では、経過や治療も違ってきます。自分自身でしっかりと認識して、医師に躁のときがあると伝えましょう。うつ病と躁鬱病では、薬や治療法が違ってきます。

躁鬱病は、診断が難しいと言われている病気です。なぜなら、うつ症状がうつ病とほとんど同じだからです。躁とうつを繰り返す中で、躁の時間よりもうつ状態の時間が長いのも特徴です。多くの人が3分の1から半分の時間を、うつ状態で過ごします。特に患者は、うつのときに専門機関に行くので、うつ病と診断されるケースが多いです。躁のときに受診しないのは、本人に自覚がないからです。うつになる前の状態も、医師にしっかりと伝える必要があります。やる気がある・お金の使い方が荒くなるなどの症状が出たら、躁鬱病を疑いましょう。

躁鬱病にかかってしまった場合は、心療内科による治療が必要になります。またカウンセリングと投薬による治療が中心になりますが、病院やクリニックによっては漢方薬を処方しているところもあります。漢方を用いた治療方法は、じっくり治していく躁鬱病には適しているという意見もあります。西洋薬による治療があまり効果がなかった人や、化学薬品を使用したくない人は漢方を用いた治療を望んでいる人も少なくありません。ところで躁鬱病に効果的な漢方薬を医師の処方箋で購入した場合は、健康保険が適用されますので普通に薬局で購入するよりは経済的ですし、躁鬱病は医師の診察が必ず必要な病気であることを知っておく必要があります。ちなみにそのまま購入した場合は1ヶ月分約5,000円から7,000円位はかかりますが、健康保険が適用されれば3割の費用負担で済みます。

ところで躁鬱病に効く漢方治療の特徴は、身体的な症状の緩和と睡眠障害の改善が中心になります。また精神的な不安や苦痛を治す漢方薬も処方されます。躁鬱病を改善するにはカウンセリングによる心のつらさや不安を取り除くことと同時に、身体的な苦痛を取り除くことが必要です。例えば身体の冷えや肩こりがひどくて憂鬱な気分になると、躁鬱病の精神的な症状もより悪化する可能性があります。しかし身体の苦痛を少しでも取り除くことで気分も晴れやかになり、前向きな気分になります。身体の症状と精神的な症状には密接な関係がありますので、まずは身体の症状を漢方薬によって治療することが大切なのです。また睡眠障害を解消することでホルモンのバランスが整えられ、その結果躁鬱病の症状を改善していくことも出来ます。

TOPICS

躁鬱病とは

うつ病と症状が似ているため、うつ病と間違われやすいのが躁鬱病です。躁鬱病とうつ病では、薬や治療法も違ってきます。その躁鬱病とはどういった病気なのか詳しく紹介していきます。

注目記事

錠剤

治療方法

適切な治療を受ければ回復するのが躁鬱病です。長期化する場合もありますが、しっかりと時間をかけて治療していきましょう。治療には薬の投与や精神療法がありますので、簡単に紹介していきます。

女性看護師

まずは受診を

数多くの人が悩みを抱えているのが躁鬱病です。性格の一つとして受け止められて、病気と気づかれないことも多い病気なので、いつもと違うと感じたら、すぐに受診して検査を受けましょう。薬の投与で回復が見込める病気です。